ロゴ

今注目されているZEHについて知ろう!得られるメリットとは?

HOME>レポート>ZEHで得られる断熱効果〜消費エネルギーが少ない家作り〜

ZEHで得られる断熱効果〜消費エネルギーが少ない家作り〜

作業員

ZEHの特徴とは?

ZEHの特徴は、断熱と省エネに加えてエネルギーの創造を行うことで、年間の一次エネルギーの消費量を0以下にすることです。断熱は住宅のエネルギーのロスを最小限に抑えることが出来ますし、機器や照明を省電力機器にすれば、使う電力も最小限に出来ます。こうして失うエネルギーを極限まで圧縮すると、太陽光発電などで創り出したエネルギーのほうが使う量より少なくなるという仕組み。創ったエネルギーは蓄電池に溜めておいて、発電時間以外にも使えるようにすることが望ましいと言われています。ZEHは、住宅がエネルギーを自給自足できることを目指しているわけですね。発電量のほうが消費量より多いなら、それはもう電気を買わずに済む暮らしになるわけです。

住宅

コストも比較してみよう

ZEH仕様にするために、現段階では250〜300万円の費用が必要だと試算されています。国も補助金を出す制度を作りましたが、額は一律125万円となっています。実質、個人の負担は125〜175万円になる計算ですが、これは断熱性能を上げて省エネ機器を導入するのに必要なコストです。実際にはこの他に太陽光発電システムの費用が必要ですから、それが140万円程度。合計すると265〜315万円のコストがかかる計算になります。決して安い金額ではありませんが、ほとんどエアコンなしで快適に過ごせる家は、健康的で自然な暮らしと言えるでしょう。実際にZEH仕様にしている住宅も増えて来ましたし、ハウスメーカー各社も導入を加速させています。